プロミス・会員サービスへのログイン方法

8月 7th, 2014

普段から、パソコンを頻繁に利用される方は、ぜひインターネットを通じてプロミスの便利なサービスを使ってみて下さい。プロミスの公式サイトには、プロミス会員だけが使える「会員サービス」が設けられています。

プロミス会員向けの便利なサービスの中には「瞬フリ」と呼ばれる、オンラインキャッシングや「口フリ」と呼ばれる口座振替の手続きなど設けられており、初めての方でも手続きが簡単に利用出来るよう工夫されているのです。

ここから、ネットからの返済手続きや限度額アップ(可能枠の変更申し込み)も出来ます。メールアドレスや現住所、お勤め先が変わってしまった時も「会員サービス」からアクセスして、必要な手続きを行って下さい。オンラインで手続きを行えば、新しい証明書類もメールやアップロードを通して、簡単に済ます事が出来るでしょう。

また、プロミスには「ポイントサービス」と呼ばれる、会員だけのポイント特典が用意されています。貯まったポイントは無利息期間に充てたり、提携ATMや銀行での手数料を無料にする事も出来るので、大変おすすめです。

ここでメールアドレスを登録する事で、30日間の「無利息期間」を利用する事も出来ます。メールアドレスの登録と、ネットでの手続きを賢く活用するようにしてください。

これらの会員サービスは、パソコンだけでなく、スマートフォンからも利用する事が出来ます。もちろん、携帯電話からも使う事が出来るので、皆さんがお好みのツールからアクセスをして利用してみて下さい。

キャッシングの後付けとは?

4月 24th, 2014

最近のクレジットカードには、ほとんどキャッシング機能が設定されています。 しかし、クレジットカードを作る際に、キャッシング機能を外すことも可能です。 例えば、カードを紛失した時などにカード情報を悪用されてキャッシングを利用されてしまうかもしれないと考えたときなどです。 しかしながら、今後キャッシングを利用するかもしれないと考える方は、キャッシング枠も同時につけておくことをおススメします。

クレジットカードの機能に、後からキャッシング機能を付加することを「キャッシングの後付け」といいます。 この「キャッシングの後付け」には、当然審査が必要になってきます。 利用者の勤務先、年収、属性、他社の借入状況など、一般のキャッシングの申込と同様の審査が行われます。 また、クレジットカー本体の利用状況、返済状況も審査項目になってきます。

普段、クレジットカードのショッピング枠をぎりぎりまで使用している方は、後ろ向きに見られてしまう可能性があります。 「ひょっとしたら、ショッピング枠の返済に困ってキャッシングを利用しようと考えているのでは」と見られてしまうわけです。 当然ながら、ショッピング利用分の返済がたびたび滞っている状況では、審査はまず通りません。

またクレジット会社や商品によっては、ショッピング枠の後付け自体を認めていないところもあります。 クレジットカードを申し込む際には、今後のキャッシングの利用状況も加味するとともに、商品内容もしっかりと確認しておくようにしましょう。

参考・・オリックス銀行審査借入ガイド【永久保存版】

消費者金融モビットは安心感が違う

3月 4th, 2014

モビットは消費者金融のなかでも三井住友銀行系列ということで、安心感が全然違っていますよね。どの消費者金融を選ぶのかは、即日お金を借りたい人にとって最重要事項でしょう。モビットがおすすめできる理由は、安心感だけではなくいくつかの理由があります。順を追ってみていきましょう。

まずは、銀行グループならではの低金利ということがモビットが選ばれる理由となっています。モビットの金利は、4.8%から18.0%です。さらに限度額は500万円まで設定できる大型の借り入れができるのも魅力となっています。

モビットがおすすめできる理由はそれだけではありません。Web完結という電話確認なし、さらに在籍確認もなしという申し込み、契約方法があるのです。Web完結は誰でもこの方法で申し込みができるのではなく、条件があります。

三菱東京UFJ銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件になります。申し込み者本人の名義の口座でなければなりません。さらに、全国健康保険協会が発行する保険証つまり社会保険証か組合保険証を持っていなければならないのです。この二つの条件を満たしておけば、一切電話なしでメールのみで契約ができてしまうのです。

また、契約機での申し込みも消費者金融の利用希望者にはまだ根強い契約方法です。モビットならパソコンなどから申し込みを済ませておけばカード発行までなんと5分、すぐに借り入れできる状態になるのです。

このようにモビットは使いやすさが違います。借り入れ先に迷っている方には、なぜイチオシなのかということがご理解いただけたのではないでしょうか。

(2014,1,4 付け 情報)

ATM手数料を住信SBIネット銀行で無料にする

5月 13th, 2013

三井住友信託銀行とSBIホールディングスが運営するインターネット銀行の住信SBIネット銀行、SBI銀行とも呼ばれていますがメリットが多いことでも利用者が増えています。

普段の利用でインターネット銀行の場合、デメリットとして考えられるのが現金にするときの手数料です。
インターネットを利用しながらインターネットバンクから振り込みを行うときの振込手数料は、どのインターネットバンクでも実店舗よりも手数料が安いのはもはや常識になっています。
しかし意外に見落としがちなのがインターネットバンクから現金を引き下ろす時の利用料金です。
インターネットバンクはその名の通り、インターネット専業となりますので実店舗を持たないというのは普通のことです。
そのため専用のATMがないために、「別の会社のATMを利用して現金を惹き下ろす」ことになりますので、そのために利用手数料がかかるということです。

しかし住信SBIネット銀行が選ばれ始めているのにはこのATM手数料が無料になっているという点があるようです。

例えばどのようなATMが利用手数料無料となっているのかを見ていきましょう。
●回数無制限で利用手数料無料
・セブン銀行
・ビューアルッテ
●合計で月5回まで利用手数料無料
・ゆうちょ銀行
・イーネット
・ローソンATM

これであれば利用の仕方によっては利用手数料は一切かけずに引き下ろすことが充分に可能です。
月に引き下ろす回数は5回まで、と自分で決めておくことでこの利用手数料は心配の必要がないですね。

バンクイックで借りた場合は、バンクイック 在籍確認についても調べておきましょう。